白髪の原因は色素細胞メラノサイトの異常

白髪の原因は、髪の色を黒くするメラニン色素が、色素細胞メラノサイトで正常に生成されないことによって起こると考えられていますが、メラノサイトが正常に活動できない理由は複数考えられています。ここではそれらの理由についてさらに考えてみます。

栄養不足も白髪の原因の1つ

メラノサイトの異常の大きな原因と考えられているのが栄養不足です。髪の成長を促進する栄養素、頭皮の新陳代謝を促す栄養素、その他身体の健康を促進するための栄養素、これらが不足することが最終的に白髪が増える原因となります。
人間は基本的に栄養素を食事によって摂取します。その食事で髪にバランスの良い栄養を摂取すれば白髪の改善につながります。しかし、髪の成長に必要な栄養をすべて食事から摂取することはかなり困難な問題です。これらの問題を解決するために、白髪の改善を目的としたサプリメントが開発されています。これらは栄養補助食品として食事で補うことが出来ない栄養を摂取することができるので近年多くの方に好評です。

睡眠不足も白髪の原因の1つ

睡眠不足も白髪の原因の1つと考えられています。人間は日常生活の疲れを睡眠を取ることで回復しています。1日の1/3~1/4を睡眠に使用しています。睡眠は心身を回復させるための効果が期待できます。心身の回復は、身体の血流改善、ホルモンバランスの改善、しいては頭皮環境の改善につながります。そしてそれはメラノサイトの活動の正常化にもつながり白髪の改善に効果が期待できます。
しかし、日常生活の中で十分な睡眠時間を確保することは容易ではありません。そのため現代社会においては質の良い睡眠が求められています。短時間の睡眠でも質の高い睡眠であれば、疲労回復の効果は非常に高いです。睡眠のための勉強も必要になってきます。ですが、この睡眠不足を解消することが白髪の改善につながると考えています。
白髪改善には睡眠不足の解消は必須の条件であると考えています。

暴飲暴食も白髪の原因の1つ

栄養不足にもかかわる問題ですが、暴飲暴食も白髪の大きな原因の1つと考えられています。必要以上の食事の摂取は過度なカロリー摂取につながります。それは体調不良につながります。体調不良が、メラノサイトの正常な活動に不利益な事はこれまでお伝えしてきたとおりです。また過度なアルコール摂取は、血流不順や内臓への負担も大きく、頭皮環境の悪化につながる可能性が高いです。
白髪の改善には、正常なライフスタイルの確立が重要です。それらを確立することで健康な身体、健康な頭皮環境、健康なメラノサイトにつながります。
そのためには体調悪化につながる暴飲暴食を控えることは白髪の改善に効果的だと考えられています。