白髪の根本的な原因はメラノサイトが働きが正常にされないことによって、メラニン色素の生成が少なくなることで髪を黒くすることができなくなることでした。
そしてこれの原因には様々な要素が複合的に関係しています。その一つが身体の機能の正常化です。
ここでは身体の機能を正常に働かせるために必要なことを考えてみます。

栄養障害

ミネラルを主としてアミノ酸やビタミンなどの栄養素は、毛母細胞や色素細胞が活発に働くために重要と考えられています。そのためこれらの栄養素が足りなくなれば髪を正常に黒くするための機能が低下することが予想できます。
また、ダイエットや偏食をすると、栄養バランスが崩れ、身体の正常な働きのために必要な栄養素を充分補充することができなくなります。

睡眠不足

身体の機能を充分に果たすためには、睡眠も非常に重要と考えられています。食生活と同様に、規則正しい睡眠は疲労の回復にも効果を期待できます。
1日最低でも6時間以上の睡眠と、リラックスした環境でしっかりと睡眠を取ることは白髪になる要因を減らす事にもつながります。

ストレス

ストレスは目に見えるものではありませんが、髪および頭皮に非常に悪影響を与えるものです。ストレスを日常的に強く受けると、自然治癒能力や免疫力にもマイナスの影響が強いです。つまり正常な身体の働きを期待することが難しくなり、しいては白髪の増大という悪い結果につながる可能性が高いです。

遺伝

遺伝も白髪の要因と以前から考えられていますが、実は医学的に解明されている訳ではありません。しかし親族関係があれば日常生活や食生活も近く、身体のつくりも似てくるので必然的に白髪も同様に発生する可能性が高くなります。

病気や疾患

慢性的な胃腸疾患や貧血症、円形脱毛症の患者には白髪になる確率が高いと考えられています。またクスリの副作用で白髪になる可能性もあるので、病気や疾患を理由に白髪になってしまう可能性がないとはいいきれません。

白髪になってしまう要因のまとめ

白髪は病気ではないと言われていますが、白髪になってしまう要因は病気と同様に、身体が正常な働きをすることができなくなってしまうことにあります。
そしてその改善のためには病気の予防と同様に、食生活、生活習慣の改善が必須と考えられています。
できれば白髪が生えずにいつまでも若々しい髪でいたいと誰もが思うと思っています。そのためには日常生活の中で、身体を大事にすること、まずはこのことが一番大事だと思います。そしてその上で、万が一白髪になってしまったら、サプリメントなどを摂取して栄養補給を行い、適度な運動を行って、健康な黒い髪が生えてきてくれるような環境を整えていく事が大事だと感じました!